子どもたちに、絵本で笑顔をプロジェクト 地球の楽好

2009年10月11日

さまよう刃

解説: 『秘密』『容疑者Xの献身』などの原作者でもある人気作家、東野圭吾のベストセラー小説を映画化した犯罪ドラマ。
唯一の家族、一人娘を殺された父親が犯人の少年への復讐(ふくしゅう)を図る姿を通して、法と正義、命の意味を問いかける。
『半落ち』の名優、寺尾聰が娘の死に苦悶(くもん)する父親を熱演。
竹野内豊や伊東四朗が、主人公を追跡する警官を演じる。監督は『むずかしい恋』の益子昌一。
社会的なテーマと登場人物が丁寧に描かれ、見応えがありながらも深く考えさせられる。
シネマトゥデイ

334421view001.jpg334421view006.jpg334421view005.jpg



原作を読んでないほうが楽しめたかもしれません。

でも、作者の伝えたかった作品のテーマは表現できていたと思います。

原作を読んでいない人に観てもらうためにも、もう少し宣伝をすれば良かったかな。

キャスティングだけで観る2時間ドラマのような扱いだったのが残念です。

雪を踏みしめる音がするエンディングがとても印象的なので、最後までじっくりと座っていて下さい。

重いテーマですが、お奨めの作品です。


オフィシャルHP
posted by ムン at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130084635

この記事へのトラックバック