子どもたちに、絵本で笑顔をプロジェクト 地球の楽好

2009年12月26日

アバター

解説: 『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。
ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。
出演者は『ターミネーター4』のサム・ワーシントンほか、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来久々にタッグを組むことになるシガーニー・ウィーヴァーら実力派が顔をそろえる。
構想14年、製作に4年をかけたキャメロン監督による壮大な物語と斬新な映像美に酔いしれる。
シネマトゥデイ





相方と3D字幕版を観てきました。

3D映画の字幕だと画面に集中できないとか、ピントが合わなかったらどうしようとか、いろいろ悩んでました。

んで、、実際に観てみると、予告編でも3Dがあったので3Dにはすぐに慣れました。

字幕の方は黄色い文字で手前に浮かんでるので意識せず読みやすかったです。

んで、作品のほうは。

ストーリーは可もなく非もなくって感じですが、

やっぱり、映像は迫力があったし、風景が幻想的で綺麗でした。

まぁ、2Dを観てからもう一度3Dを観るのも良いでしょうね。

オフィシャルHP 


最後にヘリのパイロット役で出演していたミシェル・ロドリゲスですが、やっぱり良いですね♪


posted by ムン at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック