子どもたちに、絵本で笑顔をプロジェクト 地球の楽好

2010年03月06日

鞆の浦キャンプ

2008年の11月頃にカマロの仲間とツーリングに行ったのですが、
ゆっくりと観光が出来なかったのでもう一度行こうと思ってました。

鞆の浦2008

鞆の浦についていろいろ調べていると、相方が仙酔島に国民宿舎があるのを見つけました、

んで、HPを見ると、あったか鍋キャンプというページが目に入りました。


さっそく調べてみると。

常設キャンプに電気カーペット&こたつが設置されていて冷蔵庫も完備してるみたいです。

一泊2食付きで4000円なら安いんぢゃない?

ってことで、行ってきました。


出発の朝、あいにくの雨です。。

車にシュラフを乗せて出発!

途中、いつもの中島PAで休憩しました。




隣に気になるアルファードが止まってます。

とりあえず、オーナーさんと少し話をして写真を撮らせてもらいました。



リアのトヨタのエンブレムが綺麗に飾られてます。

車内もスワロフスキーで飾られてとてもゴージャスでした。

その後、雨の中を走り龍野西SAで休憩。

またまた気になる車が隣に止まってますw



まぁ、タイミング良く出会うものですね。

その後、吉備PAで休憩する頃には雨も上がってました。

ここで月音を遊ばせます。




福山東ICで降りて途中のスーパーでお茶とお菓子を購入。

ICから少し走れば鞆の浦です。

国民宿舎指定の駐車場に車を止め、鞆の浦の観光は明日ということでフェリー乗り場まで歩きます。



前回、来たときにランチを食べたホテルの前を通って、フェリー乗り場へ。

フェリー乗り場の前ではサヨリの干物がぶら下がってます。



前回、見なかった新しそうなフェリーです。



めざすは仙酔島。



10分ほどで仙酔島に到着します。



とりあえず、チェックインのため国民宿舎へ向かうと

道の途中でタヌキがお出迎えしてくれました。



この時点ではまだ可愛いと思ってます。(謎笑)


ほんの少し歩くと国民宿舎あります。



チェックインをしてキャンプ場へ移動。。



テントの中はこんな感じです。



なるほど、あったかキャンプです。

キャンプですが、設営しなくてよいので散歩に出かけることに。

仙酔島ハイキングコースを歩いていくと展望台がありました。

山の上からは弁天島や対潮楼が見えます。





どんどん歩いて行くと砂浜にでました。



こっちの島は引き潮になると歩いて渡れるらしいです。




砂浜の目の前には塩工房という施設があって、足湯があるらしいです。




その後、海岸線沿いに五色岩の横を通る遊歩道があるのですが、数年前の台風で崩落したらしくて工事中でした。

工事事務所に設置してある看板を見ると、今月末には工事が終了するらしいです。

残念に思いながら磯遊びをしていると、工事中の遊歩道から女性の3人組が歩いてきました。

通れるのかと聞いてみると、工事の人に頼んで通してもらったと言うので、せっかくなので五色岩を見に行きました。




その後、テントに帰って晩ごはんです。

本館で鍋セットを受け取り、こたつの上でカセットコンロをセットして着火。



鍋の内容ですが、漁師鍋といった感じで、
鯛、チヌ、カワハギ、舌平目が頭ごと入った味噌仕立ての鍋です。

寒い季節のキャンプにはもってこいですね。

仕上げに雑炊をして、まんぞくまんぞくです。

その後、本館の温泉に入りに行きました。

本館の温泉には潮湯というのがあって、最後に仕上げに浸かるとホカホカになりました。

テントに帰り、月音がお風呂上がりのお菓子を食べようとしたのですが、お菓子の入った袋が見あたりません。

確か、冷蔵庫に入れたはずなのに。。。

キャンプ場の係員にタヌキが出るので食材の置き場に注意して下さいと言われてたので。。

すると、お菓子の入っていた袋が冷蔵庫の横にあります。(汗)

どうやら、お茶を出したときに仕舞い忘れてたようです。。

島で出迎えてくれた可愛いはずのタヌキが・・・

月音のハイチュウを返せーー!
posted by ムン at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Camp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144699777

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。