子どもたちに、絵本で笑顔をプロジェクト 地球の楽好

2010年06月12日

告白




解説: 2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、
教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐(ふくしゅう)を描くミステリー。
『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督がメガホンを取り、
事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラマを作り上げた。
『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子がヒロインの狂気を体現するほか、
『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃、『重力ピエロ』の岡田将生らが共演する。





当直空けだったので相方に車で職場まで迎えにきてもらい、Ario鳳のTOHOシネマズへ行きました。

アウトレイジも観たかったのですが、上映時間の関係もあって「告白」を観ることにしました。

予告をチラッと見ただけでミステリー映画だというのは知ってましたが、あまり前知識がありませんでした。

んで、観た感想は、衝撃的でした。

淡々と語る松たか子の狂気的な演技がすごかったです。

とにかく、本当に衝撃的な作品でした。

田舎へ引っ越したいと思うほど。


まなみちゃんの役をやってた子役が、TVドラマのマザーで「つぐみちゃん」を演じてる子でした。

うちの月音と同じくらいの歳なので、余計に衝撃的に感じたのかもしれません。

まぁ、凄い作品です。

原作も読んでみよっと!


posted by ムン at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153557030

この記事へのトラックバック