2010年08月01日

教祖祭PL花火芸術

ここ数年はカマロ関係の友人の職場へカマロ関係の仲間とお邪魔していたのですが、

今年は話がなかったので、家族で狭山池まで自転車で観に行くことにしました。

19時半頃、狭山池に着くともうすでに見物人でいっぱいです。

トイレの側に駐輪場があったので自転車を置いて、土手の上で鑑賞しました。

打ち上げる頃には千人以上いたのでは?(汗)

花火の上がる方向は安藤忠雄氏が設計した狭山池博物館の真上くらいです。

狭山池博物館がなければ良かったのにと思わなくもないのですが…ぼそっ

まぁ、気になるほどの高さでもないか。

狭山池に写り込む花火もなかなか良かったです。

撮影されている人も多いのも肯けます。

花火が上がるたびに歓声があがり、妙な一体感も楽しかったです。

雑誌で穴場と紹介されるだけのことはありました。

来年は折りたたみベンチを持って行こうと思います。

教祖祭PL花火芸術


posted by ムン at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。