子どもたちに、絵本で笑顔をプロジェクト 地球の楽好

2010年11月07日

怪盗グルーの月泥棒 3D

解説: 意地悪で皮肉っぽい月泥棒の活躍を描くハートフルなアドベンチャー・エンターテインメント。
『アイス・エイジ』シリーズのプロデューサー、クリストファー・メレダンドリの製作のもと、
ひょんなことから孤児の3姉妹を育てることになった月泥棒のドタバタを描く。
声の出演には、『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレルなどコメディー系俳優が集結。
最新の3D技術を駆使して臨場感たっぷりに描いた主人公グルーの冒険を、アトラクション感覚で楽しめる。
シネマトゥデイ






ディズニーランドで3Dを初体験した月音の様子が面白かったので、3Dの映画に連れて行きました。

吹き替え版を観たのですが、グルーが関西弁で喋っているのは関西人以外の方でも違和感が無いのかな?

関西弁の微妙なニュアンスが伝わらない気がして、標準語で吹き替えしたほうが良かったと思います。


作品も面白かったし、月音の反応も面白かったです。

オフィシャルHP
http://tsukidorobou.jp/
posted by ムン at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック