子どもたちに、絵本で笑顔をプロジェクト 地球の楽好

2011年01月25日

武士の家計簿

解説: 磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を、
森田芳光監督が映画化した異色時代劇。代々加賀藩の財政に携わり“そろばんバカ”と呼ばれた下級武士が、
妻の支えを得ながら一家、そして藩の財政を切り盛りしていく姿を描く。
主演は、『南極料理人』の堺雅人、彼の献身的な妻役に『ごくせん』シリーズの仲間由紀恵。
先行き不透明な現代にも通じる幕末維新の激動の時代をたくましく生き抜いた主人公一家の姿が胸を打つ。




エアサス化の作業の予定をしてたのですがキャンセルになったので、
相方と映画を観に行くことにしました。

TOHOシネマズのサイトで調べてみたら、アンストッパブルと武士の家計簿が同じ時間に上映してました。

予告で観た暴走列車のシーンが凄く印象に残ったアンストッパブルですが、

武士の家計簿が上映終了しそうな雰囲気なのと、プレミアスクリーンで上映されているので

武士の家計簿を観ることにしました。


堺雅人さんはゴールデンスランバーの時にも感心しましたが、良い役者さんですね。

加賀藩が舞台なので金沢城に登城シーンがあるのですが、数年前に金沢へ旅行に行った時の事を思い出しました。

http://blog.fire-moon.com/article/650327.html


幕末のめまぐるしく変化する時代を感じさせる作品でした。

脚色されているとは思いますが、実話だから感じるシーンもあります。

TVで放映されたら是非もう一度観たい作品ですね。


TOHOシネマズ泉北
posted by ムン at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック