子どもたちに、絵本で笑顔をプロジェクト 地球の楽好

2011年02月19日

歌とごっこのつどい

月音が通ってる保育所で最後のイベントでした。

ピアニカなどの合奏と歌を歌ったあと、「黄金のかもしか」という劇をしました。

最後のイベントなのに、

途中で笑いが伝染しまったりして、劇としては点数が低いかもしれませんが、

お互いに注意しあう場面もあり、これはこれで良しかな。

本来なら2クラスに分かれるのですが、人数が微妙に足りずに1クラスのまま年長まで一緒に過ごしました。

大人数だからこそ経験できる事もあったと思いますし、保護者同士も交流が深くなった気がします。


保護者の方で涙を流している方が多かったのに少しびっくりしました。

この様子だと、号泣の終了式になりそうな予感です。
posted by ムン at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック