子どもたちに、絵本で笑顔をプロジェクト 地球の楽好

2007年09月26日

HDDが行方不明!

以前のPCで使用していた増設HDDを新しいPCへ取り付けると、何故か認識してくれません。

ディスクの管理画面で確認すると、ダイナミック ディスク [異形式] になっています。(汗)

なんとかしようと試みたのがいけなかった。(ここで以前のPCに戻せばよかったのに)

ネットで調べると、


解決方法 : ディスク上のデータにアクセスするには、ディスクをコンピュータのシステム構成に追加する必要があります。
ディスクをコンピュータのシステム構成に追加するには、ディスクを右クリックしてから
[形式の異なるディスクのインポート] をクリックして、異形式ディスクをインポートします。
ディスクをインポートすると、異形式ディスク上の既存のボリュームにアクセスできるようになります。

すると、今度は。。

「正常 (不明なパーティション)」と表示されてます(滝汗)

やっぱり以前のPCに戻せばよかったのに。。ぼそっ

んで、ネットで調べると、

原因はMBRのパーティションテーブルのシステムIDが、Windowsで認識できないIDになっているため。

なるほど。

MBRのシステムIDを書き換えると良いんだ。

いろいろと調べてみると、

DiskProbeというソフトを見つけました。


Disk Probeではディスクのすべてのセクタにアクセスできる。
これにより、例えばMBRやPBS、あるいはFATやMFTに何らかの理由で障害が起きたときに、
そこを直接編集して修復するといったことが可能だ。あるいは、データ領域に直接アクセスして、
通常の方法では取り出せないデータを救出するということも可能だ。


んで、さっそくインストールしてみましたが、難しくて使えません(滝汗)

とにかく、サイトの説明をよく読んでMBRの書き換えをしましたが、ソフトを使いきれません。。

MBRの書き換えはできたようなのですが、「フォーマットしますか?」とメッセージが…

ネットで調べてみると…

MBRのパーティションテーブルではなく、拡張パーティションブートレコード(EPBR)のテーブルが壊れてるかも…

なるほど。ってか、難しすぎ。。(汗)

もう少し調べてみると、

TestDiskというソフトがあるのを見つけました。


【TestDisk】は、MBR(マスターブートレコード)にあるパーティションテーブルが損傷した事が原因で、
パーティションを認識できなくなってしまったときのリカバリソフトです。
ハードディスク上に点々と散在する残骸から、パーティションの位置・サイズ・種類などを拾い出す能力は、
フリーソフトでありながら、市販のソフトを上回るものを持っています。

また、ブートセクタが壊れてしまったときに、バックアップブートセクタを使って復旧する機能を持っています。
セクタのバックアップ作業は意外と手間がかかり、なおかつ、ある程度の専門知識を必要とするので、このような機能は貴重です。
さらに、オリジナル&バックアップの両ブートセクタともに壊れている場合でも、
ブートセクタを新規作成する機能があるので、これで窮地を脱せる可能性があります。


さっそくインストールしてみました。

サイトの解説どおり進めていくと、フォルダとファイルの無事を確認!!

解説どおりに作業したあと、ディスクの管理画面で確認すると、見事復活してました!

マイコンピュータからも認識できてるし、ファイルにもアクセスできるようになりました。

今回の騒動を振り返ると、やはり定期的なバックアップは大切だと痛感。
posted by ムン at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57756301

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。