子どもたちに、絵本で笑顔をプロジェクト 地球の楽好

2008年05月06日

マリア・パヘス舞踊団「セビージャ完全版」

ともちゃんの家に相方と子供を預けて、マリア・パヘスを観に行ってきました。


以下、兵庫県立芸能文化センターHPより抜粋-------------------------------------------




世界最高峰のバイレ(フラミンコダンサー)にして美と知性の振付家、マリア・パヘス。
あのアントニオ・ガデス舞踊団のトップダンサーに上りつめ、現在は自身の舞踊団を率いてスペイン舞踊界に君臨する“フラメンコの女王”。
魂を揺さぶる力強い踊りは、客演した「リバーダンス」でも絶賛を博しました。
2006 年、彼女は新作「セビージャ」の初演の地に、愛する日本を選びます。記念すべき世界初公演は、何とここ芸術文化センターで行われました。鮮烈なスペインの色彩、舞台から立ちのぼる熱気、息をのむような渾身の踊り。アンコールで客席に飛び降りたマリアに、会場は総立ちになりました。
“「セビージャ」から生まれる喜びのすべてを、わたしは日本の観客と分かち合いたい−”
初演からさらにパワーアップし、世界各地で熱狂の渦を巻き起こす「セビージャ」。あの興奮が、2年の時を経てふたたび芸術文化センターに帰ってきます!

------------------------------------------------------------

おととしの初演では相方が友達と観に行き、僕は子守りをしてたので、今回は絶対観に行きたかったんです。

マリア・パヘスらしい力強いサパテアードとダイナミックな踊りが素晴らしかったです。

「けん、けん、ぱぁ」ってステップしてみたり、真っ暗な中で靴だけ光って踊るシーンなど、前回と少し違った演出も良かったです。

初演を観にいった相方に聞いていたとおり、ラストはジプシーキングスのボラーレでした。

初演を観た相方はビールのCMって言ってたけど、今となっては芋洗坂係長の印象が強くて…(苦笑)

完全版というだけあって素晴らしい公演でした♪


ちなみに東京では新作のセルフポートレートの公演もあるらしいです。
posted by ムン at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Flamenco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック