2007年03月24日

ナイト ミュージアム

映画が始まってからしばらくはハズレたかなぁ。。って思いましたが。

途中から、もう目が離せないくらい面白くなってきます。

馴染みのない歴史上の人物も出てきましたが、それなりに面白く観れました。

予告編のように、スリルがあるとかそういうのぢゃなくて、家族で楽しめるコメディー映画ですね。

興行実績が良ければ、続編もあるかな。。


326503thumb008.jpg326503thumb002.jpg326503thumb006.jpg

公式サイト
posted by ムン at 21:39 | Comment(4) | TrackBack(6) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

DOA/デッド・オア・アライブ

ちょっと前に観たのですが、書き忘れてました。

「チャーリーズエンジェル」よりセクシーで、「HERO」より過酷な戦い!

全世界で700万本売り上げたという人気格闘ゲームの映画化らしいです。

う〜ん。まぁ、こりゃB級映画ですね。(汗)

そう思って観ると、セクシーな格闘シーン満載で、なかなか楽しい映画です。


↓ストーリー(転載)

東シナ海の島を舞台に、世界最強のファイターたちが格闘トーナメントで激突するアクションムービー。監督は『トランスポーター』のコーリー・ユン。トーナメントに出場する美しい女性ファイターたちを、『シン・シティ』のデヴォン青木、『トルク』のジェイミー・プレスリーらが演じている。クールなヒロインたちの激しいアクションとセクシーなボディ、さらには戦いの裏に隠された陰謀にまつわるサスペンスなど、見どころ満載。

行方不明の兄を捜すために北海道の忍者村を去り、抜け忍として追われる身となったかすみ(デヴォン青木)。世界最強のファイターを決めるトーナメント、デッド・オア・アライブに参加することになった彼女は、そこでプロレスラーのティナ(ジェイミー・プレスリー)や女泥棒のクリスティー(ホリー・ヴァランス)と出会う。(シネマトゥデイ)

326286view001.jpg326286view003.jpg326286view004.jpg

公式サイト
ゲームの公式サイト
posted by ムン at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

Gガール‐破壊な彼女

gg_intro_img.jpg

 めっちゃ!面白かったです!
 
 キル・ビルと同じ女優さんだと思えない演技と
 アメリカ映画らしい面白さで最後まで楽しく観れました。




以下、公式サイトよりイントロダクションを転載。

------------------------------------------------------------

ブルガリの店に強盗が入れば、美しいブロンド・ヘアーをなびかせて超音速で空を飛んで駆けつけ、強盗団の放つ銃弾も鋼鉄のセクシーボディで跳ね返し、強盗団を車ごと抱え上げて警察署まで連行。また、ブロードウェイで大火災が発生すれば、身体を高速回転させて炎を消してしまうという大活躍ぶり。ニューヨーカーたちは、このスーパー・ヒロインに拍手喝采を贈り、彼女をGガールと呼んでいた。
 そんな向かうところ敵なしのGガールも、私生活ではジェニーと名乗る内向的な普通の働く女性。普通の女性だからこそ恋もする。恋の相手はちょっと気弱な会社員のマットという男性だ。しかし、ジェニーはに嫉妬深く、怒りが爆発すると超能力を使ってまわりを破壊してしまうに恐ろしい女性だったから、さぁ大変!
 『Gガール‐破壊な彼女‐』は、『キル・ビル』シリーズのユマ・サーマンと、『キューティ・ブロンド』&『チャーリーズ・エンジェル』両シリーズのナイスガイ、ルーク・ウィルソン、『最終絶叫計画』シリーズのキュートでユーモラスな女優のアンナ・ファリスが主演。『ゴーストバスターズ』シリーズや『6デイズ/7ナイツ』などのアイヴァン・ライトマン監督が描く、オシャレで辛口のユーモアがピリリ、ゴージャスで奇想天外なビジュアルの楽しさがはじける「エロかわいい」セクシー・エンタテインメントだ。
 正義の味方Gガールことジェニーの、旺盛な性欲と人間離れしたパワーによるベッド・テクニックは想像できないほどの激しさ、凄まじさ。さらに恐ろしいのは、失恋や裏切り、そして嫉妬による復讐のエネルギーで、何もかも破壊してしまうそのパワー。人助けのために使われるはずのパワーが、“恋”の復讐の炎になろうとは。その異常さにウンザリ気味のマットに、同僚の女性ハンナは何かと相談に乗ったりして親身に接する。そして彼は、そこに本当の愛を見つけだす。彼女と別れて、同僚の女性ハンナとラブラブになるマット。それを知ったジェニーの怒りはピークに達する。自分を棄てて他の女性に乗り換えたマットに復讐の戦闘を開始する。マットとハンナの寝室に生きている巨大なサメを投げ込むわ、マットの愛車を宇宙空間に放り出すわの大暴れで、N.Y.を揺るがすほどのバトルに発展する。
 『Gガール‐破壊的な彼女‐』は、『スーパーマン』などのスーパー・ヒーロー的なエピソードを巧みに盛り込みながら、これまでスーパー・ヒーロー物ではタブー視されてきた要素を盛り込んでいるのが大きな特徴だ。それは、スーパー・ヒーローのセックスがエピソードのひとつとして描かれていること。スーパー・ヒーローの絶妙のディープ・キスとは?スーパー・ヒーローの豪快なベッド・テクニックとは?といったことに『Gガール‐破壊的な彼女‐』はこだわりを持ち、爆笑の中に表現している。すなわち、「エロかわいい」「ちょいエロ」映画でもあるのだ。しかも、ライトマン監督の演出は、ポップにしてナチュラル。そして、ユマ・サーマン扮するGガール=ジェニーの感性もリアルに描かれている。一方、ユマ・サーマンとルーク・ウィルソンは、恋の悩みと別れ、未練といったものを、等身大の男女の恋の体験として演じて、ともに説得力がある。
 ともかく、『Gガール‐破壊的な彼女‐』は、ジャンルを越えたセクシー・エンタテインメントとして、幅広い層を大満足させられる傑作だ。

------------------------------------------------------------


公式サイト
posted by ムン at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

守護神

いやぁ〜。まぁひさしぶりに感動しました。

ケビンコスナーで良かった♪って思いましたね!

325435view005.jpg


もう一回観たい映画です。

ぜひお奨めします!


http://www.movies.co.jp/guardian/
posted by ムン at 21:39 | Comment(7) | TrackBack(5) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

モンスター・ハウス

ロバート・ゼキメス&スティーヴン・スピルバーグが送る、
  アドベンチャー・ホラー・3Dアニメ!

325614view003.jpg


全米で史上最多の劇場公開だったらしいです。

最近CGに慣れたのか、それとも技術が発達したのか、昔ほど映像に酔わなくなりました。

ストーリーはオフィシャルサイトでどうぞ。

んで、感想は・・・ おもしろかったです。

ストーリーにスピード感があって、退屈することなくどんどん入り込んでいきます。

ただ、ハロウィンの習慣があればもっと面白かったと思う。

映像的には動きや表情が妙にリアルで、今まで観たCGアニメとはぜんぜん違う感じ。

登場人物のキャラクターがめっちゃ面白かったです。

チャウダーの仕草とか、ほんまにアメリカ人!って感じでしたね。


「モンスター・ハウス」 実にアメリカらしい映画でした。
posted by ムン at 21:49 | Comment(6) | TrackBack(9) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

ワイルド・スピードX3

「ワイルド・スピードX3」9月16日より公開!
Story:ストリートレーサーのショーンは、投獄を逃れ東京に来た。そこでドリフト・レースに魅了されるが、ヤクザと仲の良いD.K.に敗れ、借金を返すために地下組織に入る。東京を舞台に、さらに加速するスピード、激しいチェイスとクラッシュ、究極のドリフトテクが次々と登場する人気ヒットシリーズ待望の第3弾。詳細はこちら


アメフェスでワイルドスピードX3のブースが近くにあって、ハンのマシンが展示されてました。



展示ブースのお兄ちゃんに「これってハンが乗ってたクルマですよね?」って話しかけたら、
「そうなんですか?」って言われてビックリ。(汗)

バイトにも作品を観せといたほうがええんちゃう?



ってことで、

豪華プレゼント第2弾!
「ワイルド・スピード」に関する記事(前作でも可)or愛車の写真や動画の記事を書いてくれた方から抽選でオリジナル・グッズをプレゼント!

の応募記事を書いてみましたw
posted by ムン at 21:09 | Comment(14) | TrackBack(3) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイルド・マシーンキャンペーン?

ワイルド・スピードX3の公式サイトで
「あなたの”ワイルド・マシーン”PHOTOメール応募キャンペーン」
っていうのが開催されてます。



優秀ワイルド・マシーン30台に選ばれると、景品がもらえるので応募してみたら、30台に選ばれてました♪

スポコンの中でアメ車が1台迷い込んでるって感じですけど。。ぼそっ(汗)

んでまぁ、30台の中から投票で「最強ワイルド・マシーン」が選ばれるのですが、
とりあえず、30台に選ばれたので景品はもらえるはず〜♪

キャンペーンサイト


posted by ムン at 20:40 | Comment(3) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

DRIFT(ドリフト)

ゆうべ、エーサクちゃんからTELがあって
今年のキャノンボール(C.o.Net全国オフ)の事で話とかしてました
んで、TAIさんのカマロが映画に出演したらしいと。。
ってか、まだTAIさんがカマロを所有してたのにビックリ。(汗)

6月17日、渋谷シネ・ラ・セットで上映された、
DRIFT(ドリフト)って映画に出演したらしいです。
公式サイト

drift.jpg

主演 柏原収史

ストーリー
元世界ランカーのプロボクサーが事故で最愛の妻子と黄金の拳を失ってしまう。
すべてを奪った原因、黒い車の走り屋への復讐を果たすため、
S13を駆り走り屋として名をあげて黒い車を捜す。。。

DVDは9月8日リリース

映画は観に行けないので、DVDを楽しみにしてます♪



そういえば、柏原収史って日本以外全部沈没って作品にも出演してますね。
かなり観たい!! けど、DVDかな。。
posted by ムン at 12:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

THE FAST AND THE FURIOUS : TOKYO DRIFT /ワイルド・スピードX3

アメフェスでワイルド・スピードX3のブースが近くにあって、ハンのマシンが展示されてました。



んで、映画ですが。
今回はお先にUSA版のDVDを観ました。

東京が舞台ということで、日本語が頻繁に出てきてそんなに苦労なく観れました。
あ、変な発音は多々ありましたが。(笑)

作品としては、前作までがB級映画なら今回はC級かも。(汗)

まぁ、車好きなら面白く観れるのですが…
パーツ屋さんのプロモーションとしては成功なのかも。ぼそっ

前作までの事は、すっかり忘れて観て下さいね♪
あ、でも、ラストシーンにそうだった!って思い出します。(謎笑)

公式サイト
posted by ムン at 21:51 | Comment(1) | TrackBack(2) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

M:i:V ミッション・インポッシブル3

ハラハラドキドキの連続で派手なアクション満載!

mi3.jpg


前作を凌ぐというか、前作と違ったパターンですね。
今後、続編があるのかわかりませんが、次の展開でジュリアの扱いが難しいかも。ぼそっ


トムクルーズ、格好いいですね♪

って思わせるトムクルーズのための作品ですね。


公式サイト
posted by ムン at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(11) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

前作に続き、期待を裏切らないスピード感のある面白さです。



原住民から逃れるシーンや、鍵を奪い合うシーンなんかは、少しやり過ぎかと思いますが。。
まぁ、こういうのがパイレーツ・オブ・カリビアンの魅力なんでしょうね♪

最後のシーン、来年上映予定のパイレーツ・オブ・カリビアン3への期待が高まりますね。

お猿さんは逃げたんぢゃなく、主の元に帰った?ぼそっ(謎笑)

あ、そうそう。。エンドロールが終わるまでしっかり観て下さいね〜♪


公式サイト
posted by ムン at 23:59 | Comment(7) | TrackBack(31) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

カーズ

ついに観ました♪

めっちゃ面白い!かなり好きです。この尊品。




いろんな車が登場していて楽しい尊品です。

モンテカルロ、プリムススーパーバード、ポルシェ911カレラ、ハドソンホーネット、ウィリスジープ、VWタイプ2、フィアット500などなど。
あと、ちゃんとした車種がわかりませんが、40〜50年代のシボレーインパラ?なども登場してます。

NASCARの風景がうまく描かれているのも見所のひとつですね♪

キング(リチャードペティ)がキャラクター&声・で出演してるのも面白い。
(ゼッケンナンバー43の1970プリムススーパーバード)
奥さん役では実際の夫人が声・として出演してるらしいです。
そういえば、キングペティはキャノンボールにも出演してましたね。

声の出演では他にも、ポールニューマン、マリオアンドレッティー、デイルアンハートJR、ダレルウォルトリップ、ミハエルシューマッハなどが出演してます。

高速道路が開通してからルート66が寂れたというくだりは、スピードが速くなった世の中の影の部分なんでしょうね。

比べるにはローカル過ぎるけど、岡山のブルーラインが無料になってから、長船や備前焼きの伊部などを通っている国道2号線を走らなくなったことを思い出しました。

まぁ、とにかく面白い映画です!
家族でぜひ観て下さいまし♪

カーズ公式サイト
posted by ムン at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

亡国のイージス

寝る前の少し空いた時間を利用して、2日に渡って観ました。DVDで。

ジャッキーチェンもがんばってるけど、真田広之もまだまだ元気ですね〜。

この作品、洋画のような邦画ですね。

原作を何度も読もうと思ったのですが、
たぶん。原作を読んでから観ると、がっかりしたかもしれませんね。

まぁ、普通におもしろかったです。

http://www.herald.co.jp/official/aegis/
posted by ムン at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

戦国自衛隊1549

戦国自衛隊1549を観ました。

ちょっと前にTV版を観たのですが、不満が残る作品でした。

んが!この劇場版はTV版に比べるとダメダメですね〜。

キャスティングが良いだけにもったいない。

脚本がダメですね。はい。

大昔に観た戦国自衛隊の内容を覚えてないのが残念ですが、面白かった記憶があります。

う〜ん。DVDで観てよかった。
posted by ムン at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

ワンピース「カラクリ城のメカ巨兵」

午前中、墓参りに行って午後から
息子2人を連れて難波にワンピースを観に行きました。

道頓堀東映って寂れてる?(汗)
なんかガラガラやし。
最近シネコンしか利用してないので、本物の映画館ってこんな感じやったんや。

んで、映画。
TVと違って微妙に絵が違うのは劇場版ならでは。
ナミの胸ってあんなに大きかったっけ?(笑)

とにかく、期待通り!面白かったです♪
posted by ムン at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

ドッジボール

ドッジボールを観ました。
いつものように内容も知らないまま。。(汗)

ベン・スティラー主演、全米で密かなブームを呼んでいるドッジボールを題材にした爆笑コメディ。閉鎖に追い込まれたしがないジムのオーナーとその仲間が、ジムの存続と自分たちの名誉を賭けたドッジボール大会へ出場する。


コメディーやったんや。
めっちゃおもしろい!
最近観た映画の中でもベスト5に入るわ。

ほんま。これはオススメ!!

posted by ムン at 21:29 | Comment(3) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

昼過ぎにTVをつけたら放送してました。
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
前から観たかったのに、気が付かんかったわ。

途中からやけど観ました。
人形使いってこの事やったんや。。
ほぉ。。。

今度は最初から観よ〜。
posted by ムン at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

ゴジラ2000〜ミレニアム〜

なにげにTVをつけたらゴジラ2000〜ミレニアム〜 が始まった。
そういえば、観てなかったので観ることにした。

思ってたより面白いやん。
UFOと戦ったりして、まさに怪獣映画!
ツッコミどころがいっぱいあるけど、まぁええか。。

posted by ムン at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG(続き)

今日は第4話〜第8話まで観ました。(けんちゃんごめん!)

第4話 天敵 NATURAL ENEMY
演習中の海自ヘリ「ジガバチAV」が暴走を始めた。パイロットは意識不明で、自立AIは外部からのコントロールを拒否している。誘われたかのように次々と集まってくる、無人のヘリ達。そして、出動した9課の指揮を執るべく現れた、内閣情報庁戦略影響調査会議代表補佐官のゴーダ。はたして、暴走ヘリの目的とは?

タチコマの天敵ということで対戦車ヘリなんやけど。
新たに登場したゴーダ。まぁ、嫌なヤツですね。


第5話 動機ある者たち INDUCTANCE
「個別の11人」から殺害をほのめかした脅迫文が茅葺首相に届き、政府は9課に首相の警護を依頼する。周囲の反対をよそに、恒例の寺での参拝行事を強行した茅葺を守るべく、万全の体制で待ち構える9課。そして、厳重な警備網をかいくぐり、茅葺を襲う全身義体の男「クゼ」。茅葺の警護についていた草薙は、そのクゼと対峙することになるが……。

第4話から始まった「個別の11人」
笑い男事件のように謎だらけで、これからが楽しみです。


第6話 潜在熱源 EXCAVATION
エネルギー省を脅迫していた男が謎の死を遂げた。荒巻は事件の真相を探るべく、招慰難民居住区と化した東京へトグサを向かわせる。トグサはそこで、男と交際していたという女性「アサギ」に出会う。アサギは亡くなった男の無実を訴え、トグサと共に、男が東京を出る間際まで働いていたという場所を突き止める。だがそこは、政府がひた隠しにしている、あってはならない施設だった。

なんともいえないもどかしさとドキドキ感がたまりません。


第7話 狂想は亡国の調べ Pu239
新宿地下原発から回収された燃料棒を輸送する計画が、何者かによってテロリストに漏洩された。政府は急遽、陸路における輸送を9課に依頼する。代表として作戦指揮をとるため、再び現れるゴーダ。そのことに不満を感じつつも、9課は現地の陸自隊員と共に輸送を開始する。だが、陸自隊員の難民への発砲が、事態を急変させてしまう。

ゴーダって、やっぱり嫌なヤツやわ。


第8話 素食の晩餐 FAKE FOOD
独自に「個別の11人」の調査を続ける9課。その網にカワシマ・ショーなる1人の男がかかった。カワシマが勤める台湾素食の店で、24時間の行確を開始するバトーとトグサ。内閣情報庁の動きを牽制しつつ、荒巻は公安1課もカワシマ確保に動いていることを突き止める。情報が錯綜するなか、動き出すカワシマ。はたしてカワシマは本当に「個別の11人」なのか?

情報操作に惑わされ、どれが真実なのか?すべてが嘘なのか?
最近、低位株&萌え株が急騰したのように何を根拠に信じれば良いの?


やっぱりおもしろいわ。攻殻機動隊!
posted by ムン at 23:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG

けんちゃんがBBSに書いたのを見て、思い出したように
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIGの第1話〜第3話まで観ました。

第1話 再起動 REEMBODY
中国大使館が「個別の11人」と名乗るテロ組織によって占拠された。特定のリーダーを持たない彼らの要求は、アジア難民受け入れの即時撤廃および招慰難民居住区の完全閉鎖。新首相・茅葺(かやぶき)との交渉の末、無期限待機命令の解除を条件に、荒巻は9課を発動させる。
だが、与えられた時間はわずか15分。はたして9課は人質に犠牲者を出すことなく事態を収拾できるのか?

ひさしぶりに観たので鳥肌が立つような?わくわく感がありました。
んでもって、タチコマが復活♪


第2話 飽食の僕 NIGHT CRUISE
現実か妄想か? 真実を明かすのは…

なぜか、日テレの深夜に放送されたハイビジョン版では「飽食の僕」がありません。
けっこう良かったのになぁ。。


第3話 土曜の夜と日曜の朝 CASH EYE
キャッシュアイ――最近、企業を脅かしているすご腕の窃盗団の名前だ。予告状を送られた田所商事の田所会長は、公安9課に警備を依頼する。その依頼をなぜか快諾する荒巻。予告状で指定された日時は田所主催のパーティー開催日だ。妖艶なドレス姿で乗り込む草薙と、その姿を好色に満ちたまなざしで見つめる田所。はたして、草薙と9課の真意はなんなのか。

キャッツアイ?(謎笑)
ラストもお見事でした。


明日は第4話〜どこまで観れるかなぁ。。
posted by ムン at 22:48 | Comment(2) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする