2005年06月28日

デッドロック

ちょっと気になったタイトルなので、観てみた。

デッドロック
監督:「ウォリアーズ」「48時間」のウォルター・ヒル
主演:「ブレイド」のウェズリー・スナイプス&「パルプ・フィクション」のヴィング・レイムズ。

刑務所対抗ボクシングで無敵のチャンピオンと、レイプ事件で有罪になって入所してきた無敗の現役へビー級チャンピオンが対決するボクシング映画です。

以下、公式HPより
『ブレイド』シリーズで、野生の獣のように鍛え抜かれたボディを披露したスナイプスが、本作のためにさらにビルドアップ。強靱かつしなやか…完璧な筋肉をまとった肉体が、何者も寄せつけない孤高の強さを可能にした!!
そのスナイプスに激突するのは、『ミッション:インポッシブル』シリーズの巨漢ヴィング・レイムス。巨大な肉体を覆い尽くす筋肉の瘤は重戦車級! 立ちふさがるものすべてを粉砕する!! 
約700人を収容する巨大刑務所という設定を実現するには、セットを用いた通常の撮影手法では不可能だ。そこで監獄シーンの撮影のために、実在する2カ所の刑務所内で完全ロケを敢行。さらに、周辺の各刑務所より服役中の囚人をエキストラとして 500人以上集め、一斉撮影を行った。本物の囚人服を着込んだ、実在の犯罪者たちによる乱闘シーンはまさに圧巻だ!! 


かなり面白かったです!
いつ上映してたんやーー!
映画館で観たかったなぁ。。


posted by ムン at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

コックリさん Bunsinsaba

韓国ホラー「ボイス」の監督の最新作「コックリさん

日本のコックリさんと少し違うようですが、韓国版ってことかな。

「ブンシンサバ…オイデクダサイ」って日本語に聞こえたような気がします。

怖いといえば怖いねんけど、悲劇のほうが印象に残りました。
韓国ホラーは演出がうまいですね。

途中、催眠術をかけるシーンで、
「赤いライトを見て…」
「大きく息を吸って…」
相方と一緒に催眠術にかかりそうになりました。(笑)

最後に出てきた女の子は、ボイスに出演してた子役ですね。
前作に続いてホラーのイメージが強いので、
大きくなった時にどんな女優になるのかなぁ。。っていらん心配してます。
posted by ムン at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

カンフーハッスル

この映画って、元旦に公開されたらしいね。

正月映画らしく面白かったです。
少林サッカーに出演してた俳優が目についたけど、まぁ。それはそれかな。

このまま正月映画の定番になってくれても良いかもね。(笑)

カンフーハッスル
posted by ムン at 22:07 | Comment(2) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

TAXI NY

ハッピーエンドが観たくてTAXY NYを観ました。

前作と同じようにスピードのある映像がGOOD!
なんで舞台がNYになったとか詳しい事は知りませんが、とにかく面白かったです!

クラウンビクトリアは、ポリスカーからタクシーへの払い下げが多いとよく聞くので、
良く走るけど、速く走るってイメージがありませんでした。
でも、スーパーチャージャー(チタン製?)を積んで、ボディキットを纏ってる姿はかなり格好良かった♪


とにかく、ラストはハッピーエンドで気持ちよく眠れそうです!


あ、そうそう…
最初のほうでCAMARO(4th前期)がクラッシュしてました。。ぼそっ
posted by ムン at 22:07 | Comment(3) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炎のメモリアル

消防士の映画といえば、バックドラフトを思い出す。
そういえば、あの作品でバックドラフト現象を知りました。
USJにバックドラフトのアトラクションがありますので是非どうぞ。

んで、炎のメモリアル
消防士の格好良さと大変さがよく解る作品です。
やっぱり、アメリカはすごい国です!

人命救助して表彰されるシーンや、お葬式のシーンなど、さすがアメリカって感じです。


昨日に続いて、ハッピーエンドぢゃない映画を観たので、少し疲れた。
気を取り直して、もう1本観ようかな。。
posted by ムン at 18:07 | Comment(2) | TrackBack(3) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

ミリオンダラー・ベイビー

朝から雨が降ってます。
大阪は今日から梅雨入りらしい。
いつも梅雨の始めは雨があんまり降らないので、きっと止むと思う。


午後から、りんくうのアウトレットに行って買い物をしてきた。

ちょうど、りんくうに着いた頃に雨が止んでました。

ひさしぶりに映画を観た。
話題の「ミリオンダラー・ベイビー
アカデミー賞4部門受賞したらしい。

CMを見てなんとなく、ボクシングの映画ってくらいでストーリーをよく知りませんでした(汗)

んで、感想は1人で観てたら泣いてかも。。
最近の映画は残酷なのが多いような。
ハッピーエンドでスッキリ♪っていう作品ぢゃないですね。
ある意味、大人の映画です。

ちょっと、気になったシーンは、
誕生日のカップケーキにロウソクを1本立てて、願いを込めて吹き消すシーン。
消えたロウソクを抜き取り、ペロリと舐めるところが素敵でした。

いろんな意味で、感動的な作品でした。
posted by ムン at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(5) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

コンスタンティン

TVのCMで観たいなぁ。って思ってた作品です。

んで、この作品。タバコを吸うシーンの多いこと。
タバコ嫌いの人はどう思ったのかな?
喫煙家としては、タバコをくわえてるのを見ただけで欲しくなりますよね。
とっても辛い2時間ですね〜。(笑)
あと、虫の嫌いの人も…ぼそっ

んで、感想は…
なんだか、漫画を読んでるみたいでしたね。
全体的には、いろんな映画のアイデアが詰まった作品って感じかな?
まぁ、それなりに面白かったのでOKです。


http://constantine.warnerbros.jp/
posted by ムン at 22:32 | Comment(2) | TrackBack(8) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

MAKOTO

なんか物足りなかったので、夕方から上映するMAKOTOを観た。

原作は漫画らしいです。
ストーリーは…
法医学監察医の真言には、死んだ者の姿が見える。
その日も、解剖を待つ女子大生の遺体や、突然死した少女の遺体が、彼に何かを訴えかけていた。
その姿は、声に耳を傾け、思いを伝えてやるまで消えることはない。
人と違う能力に苦しむ真言を、妻の絵梨は「声を聞いてあげなさい」と優しくたしなめる。
しかしその妻も、半年前に交通事故でこの世を去っていた。
絵梨は何を伝えたいのか。
苦しむ真言の前に、ある悲しい事実が浮かび上がる。


続きを読む
posted by ムン at 22:47 | Comment(2) | TrackBack(9) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北の零年

午前中、おかんの用事に運転手として付き合って
帰りにイオンりんくう泉南ショッピングセンター内にあるワーナーマイカルシネマズに寄った。
上映時間が一番近かった北の零年を観た。


※以下、北の零年オフィシャルサイトから抜粋

深い原生林が広がっていた、明治初期の北海道を舞台に、ここに自分たちの国を作るという希望に燃え、厳しい自然と闘いながら生きていく人々の壮大な愛とロマンを描く大作が誕生した。主人公の志乃を演じるのは、これが111本目の映画出演作となる吉永小百合。「ラスト サムライ」で世界的に注目を浴び、今後も「バットマン ビギンズ」等ハリウッド大作への出演が相次ぐ渡辺謙が夫・英明に扮し、圧倒的な存在感を披露している。また志乃を影ながら助ける謎の男・アシリカに豊川悦司、さらには柳葉敏郎、石原さとみ、石田ゆり子、香川照之など豪華俳優陣が結集し、奥行きのある演技を見せている。監督は、「世界の中心で、愛をさけぶ」の大ヒットも記憶に新しい行定勲。この作品では、冬から夏にかけて7ヶ月に及ぶ北海道ロケを敢行。そのワイドスクリーンによって切り取られた広がりのある映像からは、大自然の臨場感が見事に漂ってくる。また四国・淡路から北海道へと渡って来た志乃たちが作る様々な野菜畑や住み暮らす住居、後半で重要な役割を果たす牧場に至るまで、すべてゼロから作ったオープンセットがリアルに明治期の北海道を再現している。これは製作費15億円を投じて、長期ロケにかけられた撮影日数、自然やセットのスケール感、豪華キャストに加えて延べ7000人のエキストラなど、すべてが近年の日本映画の常識を打ち破る文字通りの『超大作』。その中に描かれる明日を信じて生きる人々の生命力溢れるドラマは、観る者に新たな年に向けての活力をもたらしてくれことだろう。続きを読む
posted by ムン at 22:46 | Comment(2) | TrackBack(7) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

パッチギ!

韓国へ修学旅行に行く娘を、関西国際空港まで送ったあと、
せっかくここまで来たので、イオンりんくう泉南ショッピングセンター内にあるワーナーマイカルシネマズに寄った。

何を観よ。
ネバーランドカンフーハッスルオーシャンズ12北の零年パッチギ!
ネバーランドとオーシャンズ12は相方も観たがってるし…
カンフーハッスルが観たいけど、パッチギ!って気になるなぁ。。

続きを読む
posted by ムン at 17:32 | Comment(11) | TrackBack(37) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

スカイキャプテン

UPするの忘れてました!

スカイキャプテン・ワールド・オブ・トゥモロー

全体に暗い映像ですが、こういう映画なんでしょ。
空中戦の迫力もすごかったし、海に潜るシーンも格好良かった!
漫画に出てきそうな、巨大ロボットや手の長いロボット、
リング状のビームが出る光線銃もナイスでした。

んで、忘れちゃいけないアンジェリーナ・ジョリー♪
かっこいい役やったし、口もとがとっても印象的でした♪(笑)

ただのSFぢゃなくてSFコメディーって感じかな。
映像も素晴らしくて、キャスティングも良かったです。
posted by ムン at 12:47 | Comment(2) | TrackBack(16) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えびボクサー

Iちゃんお勧めのえびボクサーを観ました。

たぶん、B級映画になると思うねんけど…ぼそっ

無理矢理な設定やけど、面白かったです。
最後のオチも良かった♪
posted by ムン at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

ゴッドディーバ

やっと、ゴッドディーバが観れました。
何かと噂を聞いていたとおり、映像はかなりのものでした!
僕は好きなジャンルの映画ですが、相方は苦手かも…ぼそっ

******** オフィシャルサイトより抜粋 *********

青い涙を流す謎の女、ジル。その涙は悲しみと痛みの涙・・・。
果たして「愛のちから」は彼女の涙を止めることができるのか。
2095年、ニューヨーク。そこは神々や人間、ミュータント、エイリアンがひしめくカオス渦巻く世界。30年前に政治犯として捕らえられ冷凍保存されていた男ニコポルは、バーの片隅で美しい謎の女、ジルと出会う。透けるように白い肌、青い髪、青い涙を流す神秘のオーラをまとったジル。彼女は自分が何者かを知らない。自分に備わった特別な力も、愛とは何かということも・・・。
posted by ムン at 22:46 | Comment(2) | TrackBack(4) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

下妻物語

下妻物語って、予告ではイマイチな印象で、
そんなに観たいと思ってませんでした。
なので、映画館では観ませんでした。

んでも!観てみれば…
めっちゃおもろいやん!!!
映画館で観てもよかったと後悔。。


続きを読む
posted by ムン at 21:55 | Comment(6) | TrackBack(20) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

イノセンス

念願のイノセンスを観ました。

かなり解りにくい内容だと思う。
攻殻機動隊を知らないと背景が理解できないし。
映画での動員数とか知らないけど、どうやったんやろ?


続きを読む
posted by ムン at 17:13 | Comment(2) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

龍馬の妻とその夫と愛人

監督:市川 準
脚本:三谷幸喜
主演:鈴木京香/おりょう(龍馬の妻)
   木梨憲武/夫(再婚相手)
   江口洋介/愛人
たぶん→ トータス松本/坂本龍馬

んで、三谷幸喜、本人を出演してました。


いわゆる、三谷幸喜脚本のコメディー映画ですね。

続きを読む
posted by ムン at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(2) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

半落ち

小説を読もうと思ってたけど、先に映画を観てしまった。

さすがにベテラン俳優が揃ってるだけに見応えがあった。

うん。

原作が、ますます読みたくなりました。

続きを読む
posted by ムン at 22:26 | Comment(2) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイリアンVSプレデター

フレディVSジェイソンみたいな種類の映画かな?


エイリアンVSプレデター


エイリアンってやっぱりエイリアンなんや。
んでもって、プレデターも本当はエイリアンなんやけど…
ちょっとええヤツなんかな?って感想です。(笑)

続きを読む
posted by ムン at 18:58 | Comment(2) | TrackBack(14) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

箪笥

明日24日に発売される「箪笥」のDVD
キャンペーンで、劇中に登場したタンスの精巧なレプリカが当たるらしい。



ちょっと怖いけど、応募しました♪(笑)
posted by ムン at 22:11 | Comment(4) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

ターミナル

トム・ハンクスの「ターミナル」を観ました。

続きを読む
posted by ムン at 20:35 | Comment(6) | TrackBack(43) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。