子どもたちに、絵本で笑顔をプロジェクト 地球の楽好

2011年01月10日

牡蠣を買いに…

岡山3日目。

昨夜、月音が寝てから岡南のTOHOシネマズへ映画を観に行こうと思ってたのですが、失敗。

アジアカップを観てました。

んで、今日は朝から月音さんがお絵かきをしてます。



やっぱり。ランドセルを背負ってますw

作品その1(おばけ)



作品その2(ランドセルを背負った一つ目小僧?)



微妙に立体的な作品です(笑)


その後、牡蠣を買いに虫明の牡蠣の加工場へ。



到着。



加工場の中では山のような牡蠣を剥いてます。







一斗缶3つ購入。



牡蠣加工場の外に南天の実があったのでパチリ。



結構きれいに撮れた♪
posted by ムン at 12:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

ランドセル

岡山に来て2日目。

相方の両親がランドセルを買ってくれました。




もう嬉しくてしかたない様子ですw




桜さんちのユズちゃんと同じように(笑) 今夜は枕元にランドセルを置いて寝てます。

ランドセルの夢を見るらしいですw
posted by ムン at 22:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

初詣

今年最初の当直明けでぼんやりしてますが、初詣に行ってきました。

うちから一番近い神社で歩いても行けるのですが、

月音が買い物に行きたいと言うので

しかたなくカングーで行きました。

毎年思うのですが、狭い境内なのに駐車スペースがあるのが不思議です。



やっぱり寒かった。歩いてたら凍死してたかも。



おみくじは大吉でした♪




毎年ここで撮影してます。




お参りの後、トイザらスへ。。

お年玉でリカちゃんの妹?親族?とにかく、双子のうちの1人を買いました。

んで、自分で支払いをすると言って、レジのトレイに全財産を出して店員さんを笑わせてましたw

お年玉の残りは貯金ですね。
posted by ムン at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

チェブラーシカ

解説: ロシアで最も愛された人形アニメーション『チェブラーシカ』が、
オリジナルスタッフの協力を得て日本を中心に制作され、27年ぶりによみがえった最新作。
今回も大きな耳を持つ不思議な生き物チェブラーシカと、ワニのゲーナたちの心温まる交流を中心に物語が展開する。
原作は、ロシアの児童文学作家エドゥアルド・ウスペンスキーによる「ワニのゲーナ」。
『ミトン』などの巨匠ロマン・カチャーノフ監督によるオリジナル版から、新しく誕生したストーリーに注目。






外は極寒です。今年は大荒れの年末年始だ。

映画の日なので初詣よりも映画を観に行くことにしました。



おひさまっていう読み聞かせの絵本の中にチェブラーシカが連載されてます。

月音とベッドで毎晩読んでるのでとても楽しみにしてました。


シャバクリャクさん。悪い人だけど、エンディングでは改心してましたね。

エンディングにその他のストーリーがギュッと詰まってます。お楽しみに。


チェブラーシカHP

読み聞かせ絵本 おひさま
posted by ムン at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くまのがっこう 〜ジャッキーとケイティ〜

解説: あいはらひろゆきが文章、そしてあだちなみが絵を担当する人気絵本シリーズ「くまのがっこう」を初めて映画化した劇場版アニメーション。
本作では、寄宿舎で暮らす12匹のくまたちの中で唯一の女の子、ジャッキーを主人公に、心優しいお兄ちゃんたちと、利かん坊な末っ子の大冒険を描く。脚本には、原作者であるあいはらも参加。
絵本の世界観を残しつつも、さらにその表現力が広がったアニメーションの誕生に感動する。







チェブラーシカと2本立てだったのですが、こちらの作品のほうが先に上映されました。

Pascoのスナックパンの袋で知ったのですが、どうやら有名な絵本だったようですね。

まず、絵から想像していたのと違いました。(ジャッキーが女の子だった)

月音はCMで知っていたようで真剣に観てました。

コミカルな場面もあり、なかなか楽しかったです。

絵本を揃えても良いなぁ。。



くまのがっこうHP
posted by ムン at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする